« 【合戦】北条攻撃最終戦 | トップページ | 【来期】南天焰組運営方針について »

2012年4月14日 (土)

【最終戦】(西)石田毛利島津vs武田織田徳川(東)

●最終戦お疲れさまでしたー。最終的には接戦で大盛り上がりでしたねー。でも、通常合戦で遊びながら終わりたかったというのが本音。

20120414_151737

●うちはみんなありったけ溶かすぜーと、攻撃攻略手法としてはイマイチですが、正面の武田に向かって進軍することに。だって、黒雲さんや甲斐之虎さんがまちかまえ待ち構えてるんですよ。こりゃ、後先考えずに突っ込むが吉じゃないですか。

●いわゆる局地戦での抵抗の苛烈さはさすがとしか言い様がありません。南天のランカー陣、石田のアクティブ陣がどんどんと兵を消耗していくなか、砦の攻略は遅延気味。後半はコツというか砦に関しては人さえ集まれば陣を払わず集中砲火で間断なく攻めて落とすという手法に切り替えてスピードアップ。

●武田の大殿に迫った時にはアク少なく、兵乏しく。力押しで雑に攻めても落ちた砦とは違って躑躅ヶ崎の館は、荒い攻めでは落とせないのがよくわかりました。どちらにせよ、ダメ元で突撃を開始。離脱者も増えることが予測されての捨て身の攻撃でしたがやはりコレは弾き返されてしまいました。ウチのアク10名以下、そして石田のランカー数名では流石にダメでしたね〜。武田なめちゃぁいけません。砦の攻略はソロダイバーが案外いい戦力になるんですが、大殿は加勢数考えると、火力をまとめないと勝てません。これもいい経験にはなりましたが、東西戦はしんどいので、回数やりたくないですねw

●その後、毛利さんが徳川の大殿を落としたことから、形勢が微妙になってきました。夜になってアクや指揮者が増えてきたことから今一度の反転攻勢に討って出ます。なんかもう、ウチなんてボロボロで戦力の体を成してませんでしたが、そのへんもなんか面白かったですね。

●残存兵をかき集め、好き勝手にやらせていた織田の砦を攻略しはじめます。信天翁率いる織田が破竹の勢いで島津、毛利を攻略していましたが、前の合戦でもあの位置にいる石田が自由に動けたことを考えると、織田を放置していたのが西軍の失態でしょう。ま、お祭りですから楽しくできればそれでよしw

●なんとか織田の砦を攻略して、形勢イーブンに。そう、残りの石田の砦を落とされなければ、僅差で小競り合いの結果待ち。落とせば西軍の勝ち。急ぎ救援にかけつけて攻防戦を繰り広げますが、武田、徳川の両軍による侵略に残り30分を凌ぎきることできず陥落。

●負けはしましたが、久々に楽しい合戦となりました。なんかボロボロになった感あってよかったですね。案外盛り上がっていたのかもしれません。各家のみなさま、本当に最後までありがとうございました。

●さっと駆け足で東西戦雑感はおえて、来期について告知しておきます(同盟員向けですけども)

« 【合戦】北条攻撃最終戦 | トップページ | 【来期】南天焰組運営方針について »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1463741/44880287

この記事へのトラックバック一覧です: 【最終戦】(西)石田毛利島津vs武田織田徳川(東):

« 【合戦】北条攻撃最終戦 | トップページ | 【来期】南天焰組運営方針について »