« 【合戦】第15回 最上攻撃戦 | トップページ | 【雑談】南天式武将評価法 »

2011年5月26日 (木)

【カード】後藤又兵衛 No.3043

●先日、微課金エースのKさんとチャットで話をしていたら。「またべーに吉川ぶつけようと思ってさ…」的な発言。ん?またべぇ?使ったこともなかったなぁ…と、話を聞いていると、「いや。最近再評価してんだよね。」とのこと。じゃ、ちょっと考察してみましょう。

20110526_142255

●コスト2.5で指揮兵士数は2410。これは特の山県さんと同じ兵数。赤騎馬特性はABなので山県さんに劣るのですが、初期スキルがコスト依存の鬼刺し。最近、他ブログでも話題になっていますが、コスト依存のは武将毎のコストに掛ってくるという検証結果にもなっていますので、「それならば2.5の鬼刺しだけど評価してもいいのではないか。」との話になったわけです。

●挟撃は武将毎のコストと兵士数だけにかかるようなのですが、鬼刺しは武将の攻撃力にも効果が付加されるとのウワサなので、確かに高コスト武将と組合わせれば、又兵衛さんが一軍昇格になるとの考えも確かにアリ。乗り崩しスキルよりは期待値も高いですしね。

●赤馬運用を意識すれば、剛撃を付与してやればかなり使える武将になるのは確か。龍造寺、山県、後藤、晴信あたりで組ませればなかなかの布陣になると思います。天極絡まないでも、コレなら行けそう。

●晴信軍師、龍造寺、山県、後藤は攻撃振り。後藤には+挟撃あたりをぶっこめば、微課金ユーザー、無課金ユーザーにとっては、1軍の構成なのではないでしょうか。龍造寺コス3、晴信コス3ですので、鬼刺し発動すれば、コレなかなかなモンですよ。僕はこういった部隊が結構好きですね〜。

« 【合戦】第15回 最上攻撃戦 | トップページ | 【雑談】南天式武将評価法 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【カード】後藤又兵衛 No.3043:

« 【合戦】第15回 最上攻撃戦 | トップページ | 【雑談】南天式武将評価法 »